2660円 アイセラピー 家庭用チタン・ローラー ローラー型カッサマッサージ 0.2mm x 600本 白色ハンドル (水色) ダイエット・健康 リラックス・マッサージ用品 簡易マッサージグッズ マッサージローラー 家庭用チタン・ローラー,fotografica.khorakhane.eu,0.2mm,2660円,600本,ローラー型カッサマッサージ,x,白色ハンドル,ダイエット・健康 , リラックス・マッサージ用品 , 簡易マッサージグッズ , マッサージローラー,(水色),アイセラピー,/alatern5041887.html 2660円 アイセラピー 家庭用チタン・ローラー ローラー型カッサマッサージ 0.2mm x 600本 白色ハンドル (水色) ダイエット・健康 リラックス・マッサージ用品 簡易マッサージグッズ マッサージローラー アイセラピー 家庭用チタン ローラー ローラー型カッサマッサージ 0.2mm 白色ハンドル 600本 水色 x 【大注目】 家庭用チタン・ローラー,fotografica.khorakhane.eu,0.2mm,2660円,600本,ローラー型カッサマッサージ,x,白色ハンドル,ダイエット・健康 , リラックス・マッサージ用品 , 簡易マッサージグッズ , マッサージローラー,(水色),アイセラピー,/alatern5041887.html アイセラピー 家庭用チタン ローラー ローラー型カッサマッサージ 0.2mm 白色ハンドル 600本 水色 x 【大注目】

アイセラピー 家庭用チタン ローラー ローラー型カッサマッサージ 0.2mm 白色ハンドル 600本 水色 x 大注目 再再販

アイセラピー 家庭用チタン・ローラー ローラー型カッサマッサージ 0.2mm x 600本 白色ハンドル (水色)

2660円

アイセラピー 家庭用チタン・ローラー ローラー型カッサマッサージ 0.2mm x 600本 白色ハンドル (水色)





商品情報
商品名 チタン・ダーマローラー 0.2mm x 600

商品説明・目のマッサージを指で行ってませんか? 弱くマッサージすると効果なく、反対に強くし過ぎるとリンパ・
 筋肉組織が破壊され視力悪化の原因となる恐れがあります。

・ダーマローラーを使って目の周囲をやさしくマッサージすると、目の疲労度が高い場合は最初は
 ざわざわとした違和感を感じるかも知れませんが、次第に目のコリがほぐれてすっと「とおる」感覚が
 得られるでしょう。星やマジカルアイ画像を見ても得られにくい、あの感覚です。

・試しに37本の楊枝を輪ゴムで束ねて目の周囲や眉間に優しく当ててみて下さい。
 少しでも効果が感じられた方にはお勧めです。

・本ダーマローラーは600本のチタン合金0.2mm短針付ローラーの回転によって37本の楊枝よりもはるかに
 効率的にマッサージします。

・目の疲れの激しい方は左右2本持ちの1200本がお勧めです。

・ご家族で歯みがきと同様にダーマローラーの使用を習慣化して下さい。

・目への効能以外に、美容液・化粧水の肌への浸透度向上、小顔、リンパ液の循環促進などが期待できます。

重量 ローラー本体:21g (梱包重量:83g)

サイズ 長さ:135mm (包装:172mm)
 幅:30mm (包装:46mm)
 高さ:30mm (包装:40mm)

パッケージ
内容物
 ローラ本体
 ケース
 ご利用説明書

その他・0.2mm短針について: 表皮の厚みは0.06mm - 0.2mmです。
 表皮下の真皮表面には痛覚があるため痛くない程度にマッサージを加えることで表皮のみに作用させる
 ことができます。通常の清潔な環境の下、安心してご利用いただけます。

 一方、0.3mmを超える長針は真皮、皮下組織に影響を与えるもので、クリニック、医療用とされており
 個人での使用は危険を伴うため当社では扱っておりません。

・注意点 : モニターの発色具合によって実際の物と異なる場合がございます。 

[db:Des3]

アイセラピー 家庭用チタン・ローラー ローラー型カッサマッサージ 0.2mm x 600本 白色ハンドル (水色)

')

<title>アイセラピー 家庭用チタン ローラー ローラー型カッサマッサージ 0.2mm 白色ハンドル 600本 水色 x 【大注目】 " name="keywords"/> " name="description"/>
English

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

自然科学研究機構

総合研究大学院大学

大学連携
バイオバックアップ
プロジェクト

調達関連情報